『旬』・奥津軽屋 - 2009

『旬』・奥津軽屋 旬の食材、天然山菜、キノコの販売




[PR]



2009年11月16日(Mon)▲ページの先頭へ
奥津軽山菜屋の感謝セール
◎今年の奥津軽山菜屋の感謝セールとしまして、下記のビン詰めを、申し込み順先着5名様に送料無料と致します。
この感謝セール期間は11月16〜19日迄とし、20日(金)の発送を予定しています。
皆様の御予約をお待ち致しております。
●竹の子(大)ビン詰めー1500円
●竹の子(小)ビン詰めー800円
●ナメコ(粒)ビン詰めー3000円
●ナメコ(開き)ビン詰めー1500円
●ムキタケビン詰めー1400円
●ブナハリタケビン詰めー1400円
以上のビン詰め6種類の中から合計3本をお選びになり申し込みをして下さい。
○合計3本(1種類1本で合計3本)
○感謝セール、送料無料にて発送致します。

お申し込みは奥津軽山菜屋ホームページhttp://okutugaru.ocnk.net/からお願いいたします。


2009年10月27日(Tue)▲ページの先頭へ
ナラタケの発生状況
○ナラタケの発生状況


ナラタケを先行予約をしている皆様へ現況を報告致します。


10月27日(火)午後から天候回復となりましたので、ナラタケの最も多く採取実績のある場所へ発生状況を確認に行って来ました。結果としては、写真の通りで100gの採取でした。


21、22日の確認時には全く採取出来なかったのが、今回僅かながら採取された事は、この先発生が有ると考えています。


後4〜5日たったら、もう一度ナラタケ発生確認をします。その後、皆様への発送が可能か否か判断致しますので、もう少しお待ち頂きます様お願い申し上げます。


奥津軽山菜屋 店主 野呂


2009年10月14日(Wed)▲ページの先頭へ
花イクジ中間報告
花イクジ中間報告


今日(10月13日)午後から、カラマツ林に花イクジを採取するために入山しましたが、

収穫は、写真の通りの採取量(約400g)が非常に少ない結果でした。



花イクジの予約者の皆様には一日も早く発送したいと思っていますが、今年の花イクジは、遅れているのか不作なのか判断の難しい状況です。


今後、10日以内に皆様に発送可能量が確保されない場合は、今年は不作の年と判断致します。


発送不可能の場合には、先行振込みされている方々には返金振込みを考えております。
その場合には、連絡を入れます。


以上


2009年10月09日(Fri)▲ページの先頭へ
台風一過の湘南の海
昨日(10/8)、休日だったので、台風のことも気にせず朝寝。午後から雨が止んだので、稲村ガ崎まで台風一過の湘南の海と夕陽を撮りに自転車で出かけた、海は結構荒れていて134号線にも、波が押し寄せていた。崖崩れも1箇所。稲村ガ崎の公園にはカメラを持った大勢の人が夕陽見物に来ていた。
 投稿者: 奥津軽山菜屋東京連絡所員(ペンネーム:やまびこ)






2009年10月08日(Thu)▲ページの先頭へ
台風18号の影響
ー店主日記ー

10月7日(水曜)、夜。台風18号の接近中皆様如何がお過ごしでしょうか?雨の中の通勤御苦労様です。


ここ奥津軽は、明日の昼過ぎから直接の風雨が強くなりそうです。


台風18号の進路予報がこのままでは、全国の林檎農家に取っては、心配な事でしょう。


特に、ここ津軽地方は皆様ご存じの通り、全国に知られている林檎の本場です。
今、正に収穫時期に入ったばかりです。色、型も良くなり始め、収穫を待つだけに育った林檎ですから、
津軽地方直撃だと相当の被害となりそうで心配です。


今日の夕方の青森地方版のテレビニュースでは、台風情報の映像よりも林檎園での早めの収穫や台風対策等の
ニュース内容となっていました。


私の場合も台風の影響大です。今日から2〜3日程は、山へと入れそうにはありません


私のホームグランドである奥津軽の山々における各キノコの状況としては、
天然花イクジ(らくよう)の採取が芳しくなく、まだ収穫、発送可能な量の採取がなされていない状況となっています。


生の天然花イクジの予約をなされている皆様には、大変申し訳有りません。


台風が雨を降らせ、らくよう林も水分補給を完了したら、天然花イクジ(らくよう)も一斉に発生するものと思いますので、もう少しお待ち下さい。


天然ナラタケ(サモダシ)は、採取場所により収穫が始まりまして、発送の開始となっています。


この後も10日間は採取可能と思いますので、皆様の御予約をお待ちしております。


天然ナメコ(ナメゴォ)、天然ムキタケ(カワムギィ)については、
15日過ぎごろより少しずつ採取されるものと判断していますので、そろそろご予約をお願い申し上げます。


今日現在両キノコの予約者は、無しとなっております。各天然キノコの状況はこの様になっています。

 
天然の各キノコを食べて見たい方は是非【おちゃのこネット】にて予約販売をしていますので、ご購入を心からお待ち申し上げております。


以上


奥津軽山菜屋 店主 野呂謹司


2009年09月26日(Sat)▲ページの先頭へ
本日、『天然マイタケ』採取
店主日記  秋分の日も過ぎ、ここ奥津軽にも着実に稔りの季節到来です。
 
日一日と稲穂が黄金色となり、稲刈りも間近な状況となった今日このごろ皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
奥津軽山菜屋【秋編】もいよいよ開店となりました。 開店早々の先行御予約、真に有難う御座居ます。
 
9月25日(金)、今日も天然キノコの状況を確認するために山へと出掛けました。

入山してすぐに早生サモダシ(ナラタケ)を発見!これで、2週間後には皆様の元へ発送可能な本格的なサモダシの採取時期となります。

サモダシ(ナラタケ)の先行予約の皆様、もう少しお待ち下さい。
 

2日前、ラクヨウ(花イクジ)キノコの状況を確認するために、ラクヨウ林に行って来ました。

収穫は、5個でした!半日歩いて5個、疲労感倍増でした。


ラクヨウ(花イクジ)キノコの皆様、もう一雨後2〜3日すると採取可能となります。
来週の後半には発送出来ると判断していますので、もう少しお待ち願います。
 

本日、『天然マイタケ』採取! 天然マイタケ確認のため今までに、採取実績の有る地点へと山の斜面を上って行きました。

そうすると、一箇所目で天然マイタケ発見。(写真ー1、2参照)二株発見です。少し舞い上がっていました。


気持ちを落ち着かせてから写真に納めました。


次の地点は、過去には採取したところで有るが昨年木が倒れてしまったのです。

もう採取不可能な地点とは解っていましたが確認したかったのです。案の定、影も形も無しでした。未練たらたらです。

ため息を付きながら辺りを見渡すと約10m右斜め上の木の根元に見えたのです。

天然マイタケが目に飛込んで来たのです!ヤッター!ホ ントにヤッターでした。(写真ー3、4、5参照)





これで、止めれば良かったのに欲が出ました。あの場所は?あそこの地点は?と8箇所程、歩き回ってしまいました。

そんなに上手く行くわけが無いのでした。あ〜あ、残念でした。

それでも明日からの山行きに希望を持つ事が出来ました。


天然マイタケの先行予約者様には、今日の宅配便にて発送致しました。

天然マイタケの風味を十二分にお楽しみ下さい。
 
この様に、奥津軽の山々のキノコシーズンの幕開けです。
 
皆様の奥津軽山菜屋への御来店をお待ちしております。

以上
 
店主 野呂謹司


2009年09月16日(Wed)▲ページの先頭へ
奥津軽山菜屋『秋編』の開店
奥津軽山菜屋『秋編』 2009年秋、いよいよ奥津軽山菜屋『秋編』の開店の季節を迎えました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?ここ、奥津軽にも爽やかな秋風を感じられる今日このごろです。
奥津軽の山もキノコシーズンの到来です。各種キノコの先行予約を9月16日(水曜)から開始致します。
皆様の御来店をお待ちしております。

今年、秋編の当店の微々たるお礼として、
において、各キノコを問わず先行予約者10名様に限り、500円引きを実施致しますので、
是非お早めの予約の程、よろしくお願い申し上げます。


下記に、例年の採取時期、同発送時期を参考迄記載します。
○らくよう(花イクジ)9月中旬〜下旬
○カヌガ(ブナハリタケ)9月下旬〜10月上旬
○サモダシ(ナラタケ) 10月上旬〜中旬
○カワムキ(ムキタケ) 10月中旬〜11月上旬
○ナメゴ(ナメコ) 10月中旬〜11月上旬


天然生キノコ販売の種類は、

1、サモダシ(ナラタケ)  価格:1kg2,500円
2、ナメゴ(ナメコ)     価格:1kg3,500円
3、カワムキ(ムキタケ) 価格:1kg2,500円
4、マイタケ        価格:1kg5,000円
5、らくよう(花イクジ) 価格:1kg2,500円
6、カヌガ(ブナハリタケ)  価格:1s2,500円



尚、1〜3については、ビン詰め(450cc)も販売しています。
1、天然生ナラタケ  価格1,400円(450cc瓶詰め)
2、天然生ナメコ   価格1,500円(450cc瓶詰め)
3、天然生ムキタケ 価格1,400円(450cc瓶詰め)
4、根曲り竹の子 価格:800円(450cc瓶詰め)

(予約受け付け後採取し発送致します。)

以上の様な予定になりますので、奥津軽山菜屋秋編をよろしくお願い致します。
皆様の沢山の御来店を、心からお待ちしております。

奥津軽山菜屋 店主 野呂謹司


2009年06月19日(Fri)▲ページの先頭へ
太宰治の生誕100年祭
店主日記

今日は6月19日(金)、我が町金木町出身、太宰治の生誕100年祭が開催されています。


テレビニュースを見ていたら、今日は芦野公園内にて、太宰の銅像のお披露目祭が行われていました。マント姿の太宰の高さ2.2m、全体高さ4.1mの前にて太宰治の長女「津島園子」さんが「ありがとう」とインタビュウに答えていました。


明日20日(土)は、五所川原市内にて【火と虫まつり】が夕方から開催されるとの事です。


明後日21日(日)は、五所川原市内から金木町までの【走れメロスマラソン】と題して、ハーフマラソンが実施される予定となっている。


この様に、ここ奥津軽におけるこの1年は何かと太宰生誕100年を理由にして各行事が進行して入るようである。


さて、当店【奥津軽山菜屋】春編の生の各山菜の予約を6月23日(火)にて終了し、最終発送日を26日(金)とさせて頂きます。


今日現在、採取可能な生の山菜は「ミズ」、「山フキ」です。

又、今年採取された「根曲がり竹の子」のビン詰め大(900cc)、小(450cc)を予約販売しています。


賞味期間は暗室常温状態で1年間は保証致します。


故に、当店【奥津軽山菜屋】秋編にて採取される「キノコ」と一緒に入れて味わう【キノコ山菜鍋】には必需品です。


私のオススメ品です。早めの予約をお待ちしております。

店主   野呂


2009年06月11日(Thu)▲ページの先頭へ
梅雨入り&虫送り
店主日記

6月11日(木曜日)、昨夜からの雨が早朝からは本降りとあいにくの天気となり、山へ出掛ける事も叶わず久しぶりに店主日記を書いています。


 本当に今年は雨の日が多く山へ行く回数が非常に少なくなっています。今日、例年より12日早く青森県を含む北東北地方が梅雨入りとなりました。ここ、奥津軽においては、先月30日より北まで雨の日が多く梅雨入りの状態でした。
 

山の山菜の発育は非常に良い状況です。但し、山へは採取するためには行けないのです。 この様な状況で、例年だと20日ごろまでは、採取可能な根曲がり竹の子も成長著しく、昨日出掛けた山の根曲がり竹の子は刀(1mほどに伸びた竹の子)状態となっていました。
 

当店として春編の最大の主力商品、生の根曲がり竹の子の販売を終了とさせて頂きます。
 

私が奥津軽の山菜にこだわりを持って採取しているために、10日にて根曲がり竹の子の予約を終了しましたが、青森県全体(八甲田山系、岩木山系、十和田湖等)では、まだまだ採取されますので、皆様に置かれまして必要な方は、他店の御利用をオススメ致します。


 今日現在の当店の取り扱い商品は以下の通りとなっています。

○ミズ(ウワバミソウ)

○山フキ

○ワラビ


上記3種類については生の単品販売を行っています。 又、根曲がり竹の子のビン詰め、缶詰めの販売も行っておりますので、御来店をお待ちしています。



店主の囁き 6月7日(日)。私の住んでいる地域では、【虫送り】と言う田植えが終了後、必ず行なわれている行事が有ります。 この日は、早朝に雨が降っていたのが幸いし、久しぶりにこの【虫送り】を見る事が出来ました。



私が子供の頃には、村中の各町内会毎に盛大に実施されていました。今回、この【虫送り】を見て非常に寂しさを感じてしまいました。その夜、その理由を布団の中でウトウトしながらつい考えていました。


○参加は地域全体でひとつの【虫送り】チームだけでした。

○笛、太鼓等の祭り囃しが拡声器から流されており、生の音がなかった事。

○踊りの馬、その引き手、これを先導する化け人(猿、ひょっとこ等のお面を被った人)に、若者(青年)が全く参加されておりませんでした。
 
○ほとんどが小学、中学生により演じられていました。どう見ても心から楽しんでいる様には、私の目には映らなかったのです。


この様な事から全体的に祭り独特の元気が感じられなかったのです。これも過疎化の一端が現れているのかな?本当に寂しさを感じてしまった店主の囁きでした。

以上!

奥津軽店主 野呂


2009年05月24日(Sun)▲ページの先頭へ
奥津軽は今
店主日記 5月23日(土)
奥津軽は今写真の様に、藤の花が咲き、ツツジの花も咲き、スズランの花も見頃となっています。


しかし、今日は昨日からの雨が降ったり止んだりとすっきりしない天気となっており、春の穏やかな一日とはなっていません。残念ながら明日も曇り時々雨の天気予報となっています。

さて、奥津軽の山々でようやく始まった根曲がり竹の子の採取も一時中断状態です。ただし、週末(土、日曜日)根曲がり竹の子取り名人には、今日、明日の雨もなんのそので、カッパが有るさと山へと少しの雨なら全く気にせず、各個人のお気に入り採取場所の山へと出掛ける事でしょう?

軟弱者の私はと云うと、25日(月曜)から天候回復を待っての、根曲がり竹の子採取の再開を考えているところです。私のやる気は、皆様方の購入予約の有り無しにて左右されている今日このごろです。

世の中の不況の影響なのか、当店における生の根曲がり竹の子の予約注文状況も昨年に比べ少なくなっています。今、予約されるとすぐに発送可能です。沢山の根曲がり竹の子の御注文をお待ちしています。

以上


2009年05月15日(Fri)▲ページの先頭へ
奥津軽の山菜の現況
店主日記 5月14日

朝6時過ぎ、雷鳴と屋根を叩くバチバチと強い音で目が覚めました。約10分間ヒョウ(雹)が降っていました。その後も今日一日、強風と雨が降っています。山行きは中止、これといってする事もなく、こうして日記を書いています。


5月13日に山へと行って来ました。当店取り扱いの主要山菜の現況は、以下に示す通りです。但し、私がホームグランドにしている奥津軽の山の状況です。


(1)天然山ウド天然山ウドは今が最盛期です。


(2)根曲がり竹の子当店が自信を持って、皆様に提供出来る春一番の山菜、根曲がり竹の子はようやく陽当たりの良い場所にて少し採取出来る様になりました。来週後半からは、根曲がり竹の子も本格採取可能と判断しております。


(3)シドケ(もみじがさ)シドケもようやく単品にて発送出来得る量の採取が可能となって来ました。


(4)ミズ(うわばみそう)ミズは、まだまだ成長が遅く単品として発送するには無理な状況です。


(5)タラの芽タラの芽については、残念ながらほとんど採取不可能な状況となりました。例年、私が採取して来た地点のタラの木が先週土曜、日曜日の休日に見事に荒らされてしまっていました。タラの木を根元から切ってしまったり、全ての芽を採取していたりと来シーズンの事を全く考えていない人が入ってしまった様です。自然の山における山菜採取マナーが欠如している様です。ホントに困ったものです。


(6)天然山ワサビ天然山ワサビの状況は、来週には採取可能で単品にての発送が出来得るものと判断しています。 


以上が、当店の天然の恵みである山菜の主要品目の状況です。皆様の御予約を、お待ちしております。

奥津軽山菜屋店主 野呂


2009年01月07日(Wed)▲ページの先頭へ
奥津軽の秋山きのこ採り
奥津軽の秋山きのこ採り






   


奥津軽の旬の食材、天然山菜の風味市場 『旬』・奥津軽屋
旬の食材、天然山菜、キノコの販売

『旬』・奥津軽屋の秋編
 

  • 最新情報

  • リンク1 「ニュー信州」

  • リンク2「旬-奥津軽屋ホームページ」

  • リンク3「やまびこ」

  • リンク4「旬」-奥津軽屋Jimdoページ


  • 新着トラックバック/コメント

    山菜編 天然山菜・きのこの販売
    1.ふきのとう:早春の山菜。雪の下のものがとても美味しく風味があります。
    2.たらのめ:天然物のその美味しさは格別です。
    3.しどけ:この風味の好きな方は「山菜の王様」と云うほどです。
    4.うど:天然山うどの風味は最高。
    5.葉わさび:ワサビ風味が堪能できます。自家製ワサビ漬け新発売!
    6.ねまがり竹:別名ササダケ。ミネラル、食物繊維が豊富です。
    7.赤みず:別名ウワバミソウ、茎は多肉質で粘りもあり、トロロにもなります。様々な味付けが可能です。

    カレンダ
    2009年11月
             

    アーカイブ
    2007年 (56)
    5月 (14)
    6月 (14)
    7月 (3)
    8月 (7)
    9月 (5)
    10月 (9)
    11月 (3)
    12月 (1)
    2008年 (23)
    1月 (3)
    2月 (1)
    3月 (1)
    4月 (2)
    5月 (3)
    6月 (3)
    9月 (2)
    10月 (5)
    11月 (2)
    12月 (1)
    2009年 (12)
    1月 (1)
    5月 (2)
    6月 (2)
    9月 (2)
    10月 (4)
    11月 (1)
    2010年 (32)
    1月 (1)
    4月 (3)
    5月 (4)
    6月 (2)
    7月 (3)
    9月 (1)
    10月 (7)
    11月 (1)
    12月 (10)
    2011年 (20)
    1月 (4)
    2月 (4)
    3月 (1)
    4月 (4)
    5月 (4)
    6月 (1)
    8月 (2)
    2012年 (6)
    4月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    10月 (1)
    12月 (1)
    2013年 (21)
    1月 (3)
    2月 (1)
    3月 (2)
    4月 (3)
    5月 (5)
    7月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    10月 (1)
    11月 (2)
    2014年 (10)
    2月 (2)
    3月 (2)
    4月 (2)
    5月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    2015年 (5)
    4月 (3)
    9月 (1)
    10月 (1)
    2016年 (4)
    4月 (3)
    6月 (1)
    2017年 (2)
    1月 (1)
    4月 (1)

    アクセスカウンタ
    今日:79
    昨日:49
    累計:323,840