『旬』・奥津軽屋 - 2009/06

『旬』・奥津軽屋 旬の食材、天然山菜、キノコの販売




[PR]



2009年06月19日(Fri)▲ページの先頭へ
太宰治の生誕100年祭
店主日記

今日は6月19日(金)、我が町金木町出身、太宰治の生誕100年祭が開催されています。


テレビニュースを見ていたら、今日は芦野公園内にて、太宰の銅像のお披露目祭が行われていました。マント姿の太宰の高さ2.2m、全体高さ4.1mの前にて太宰治の長女「津島園子」さんが「ありがとう」とインタビュウに答えていました。


明日20日(土)は、五所川原市内にて【火と虫まつり】が夕方から開催されるとの事です。


明後日21日(日)は、五所川原市内から金木町までの【走れメロスマラソン】と題して、ハーフマラソンが実施される予定となっている。


この様に、ここ奥津軽におけるこの1年は何かと太宰生誕100年を理由にして各行事が進行して入るようである。


さて、当店【奥津軽山菜屋】春編の生の各山菜の予約を6月23日(火)にて終了し、最終発送日を26日(金)とさせて頂きます。


今日現在、採取可能な生の山菜は「ミズ」、「山フキ」です。

又、今年採取された「根曲がり竹の子」のビン詰め大(900cc)、小(450cc)を予約販売しています。


賞味期間は暗室常温状態で1年間は保証致します。


故に、当店【奥津軽山菜屋】秋編にて採取される「キノコ」と一緒に入れて味わう【キノコ山菜鍋】には必需品です。


私のオススメ品です。早めの予約をお待ちしております。

店主   野呂


2009年06月11日(Thu)▲ページの先頭へ
梅雨入り&虫送り
店主日記

6月11日(木曜日)、昨夜からの雨が早朝からは本降りとあいにくの天気となり、山へ出掛ける事も叶わず久しぶりに店主日記を書いています。


 本当に今年は雨の日が多く山へ行く回数が非常に少なくなっています。今日、例年より12日早く青森県を含む北東北地方が梅雨入りとなりました。ここ、奥津軽においては、先月30日より北まで雨の日が多く梅雨入りの状態でした。
 

山の山菜の発育は非常に良い状況です。但し、山へは採取するためには行けないのです。 この様な状況で、例年だと20日ごろまでは、採取可能な根曲がり竹の子も成長著しく、昨日出掛けた山の根曲がり竹の子は刀(1mほどに伸びた竹の子)状態となっていました。
 

当店として春編の最大の主力商品、生の根曲がり竹の子の販売を終了とさせて頂きます。
 

私が奥津軽の山菜にこだわりを持って採取しているために、10日にて根曲がり竹の子の予約を終了しましたが、青森県全体(八甲田山系、岩木山系、十和田湖等)では、まだまだ採取されますので、皆様に置かれまして必要な方は、他店の御利用をオススメ致します。


 今日現在の当店の取り扱い商品は以下の通りとなっています。

○ミズ(ウワバミソウ)

○山フキ

○ワラビ


上記3種類については生の単品販売を行っています。 又、根曲がり竹の子のビン詰め、缶詰めの販売も行っておりますので、御来店をお待ちしています。



店主の囁き 6月7日(日)。私の住んでいる地域では、【虫送り】と言う田植えが終了後、必ず行なわれている行事が有ります。 この日は、早朝に雨が降っていたのが幸いし、久しぶりにこの【虫送り】を見る事が出来ました。



私が子供の頃には、村中の各町内会毎に盛大に実施されていました。今回、この【虫送り】を見て非常に寂しさを感じてしまいました。その夜、その理由を布団の中でウトウトしながらつい考えていました。


○参加は地域全体でひとつの【虫送り】チームだけでした。

○笛、太鼓等の祭り囃しが拡声器から流されており、生の音がなかった事。

○踊りの馬、その引き手、これを先導する化け人(猿、ひょっとこ等のお面を被った人)に、若者(青年)が全く参加されておりませんでした。
 
○ほとんどが小学、中学生により演じられていました。どう見ても心から楽しんでいる様には、私の目には映らなかったのです。


この様な事から全体的に祭り独特の元気が感じられなかったのです。これも過疎化の一端が現れているのかな?本当に寂しさを感じてしまった店主の囁きでした。

以上!

奥津軽店主 野呂


   


奥津軽の旬の食材、天然山菜の風味市場 『旬』・奥津軽屋
旬の食材、天然山菜、キノコの販売

『旬』・奥津軽屋の秋編
 

  • 最新情報

  • リンク1 「ニュー信州」

  • リンク2「旬-奥津軽屋ホームページ」

  • リンク3「やまびこ」

  • リンク4「旬」-奥津軽屋Jimdoページ


  • 新着トラックバック/コメント

    山菜編 天然山菜・きのこの販売
    1.ふきのとう:早春の山菜。雪の下のものがとても美味しく風味があります。
    2.たらのめ:天然物のその美味しさは格別です。
    3.しどけ:この風味の好きな方は「山菜の王様」と云うほどです。
    4.うど:天然山うどの風味は最高。
    5.葉わさび:ワサビ風味が堪能できます。自家製ワサビ漬け新発売!
    6.ねまがり竹:別名ササダケ。ミネラル、食物繊維が豊富です。
    7.赤みず:別名ウワバミソウ、茎は多肉質で粘りもあり、トロロにもなります。様々な味付けが可能です。

    カレンダ
    2009年6月
     
           

    アーカイブ
    2007年 (56)
    5月 (14)
    6月 (14)
    7月 (3)
    8月 (7)
    9月 (5)
    10月 (9)
    11月 (3)
    12月 (1)
    2008年 (23)
    1月 (3)
    2月 (1)
    3月 (1)
    4月 (2)
    5月 (3)
    6月 (3)
    9月 (2)
    10月 (5)
    11月 (2)
    12月 (1)
    2009年 (12)
    1月 (1)
    5月 (2)
    6月 (2)
    9月 (2)
    10月 (4)
    11月 (1)
    2010年 (32)
    1月 (1)
    4月 (3)
    5月 (4)
    6月 (2)
    7月 (3)
    9月 (1)
    10月 (7)
    11月 (1)
    12月 (10)
    2011年 (20)
    1月 (4)
    2月 (4)
    3月 (1)
    4月 (4)
    5月 (4)
    6月 (1)
    8月 (2)
    2012年 (6)
    4月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    10月 (1)
    12月 (1)
    2013年 (21)
    1月 (3)
    2月 (1)
    3月 (2)
    4月 (3)
    5月 (5)
    7月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    10月 (1)
    11月 (2)
    2014年 (10)
    2月 (2)
    3月 (2)
    4月 (2)
    5月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    2015年 (5)
    4月 (3)
    9月 (1)
    10月 (1)
    2016年 (4)
    4月 (3)
    6月 (1)
    2017年 (2)
    1月 (1)
    4月 (1)

    アクセスカウンタ
    今日:71
    昨日:106
    累計:327,794