『旬』・奥津軽屋 - 2011/05

『旬』・奥津軽屋 旬の食材、天然山菜、キノコの販売




2011年05月31日(Tue)▲ページの先頭へ
奥津軽だより 根曲がり竹の子最盛期
◎店主日記(5月30日)
今日の奥津軽は、雨と風が強く非常に寒い一日でした。 津軽地方の春の山菜の最高の目玉の「根曲がり竹の子」採取が『旬』と なりました。

田植え作業も、ここ奥津軽地区はほとんどが終了を迎え、田植え作業が 終了した農家の方が山へと「根曲がり竹の子」採取に朝早くから出掛け ています。本当に、先週から山道には軽トラックの駐車代数が増えてい ます。

根曲がり竹の子の採取も、例年に比べ一週間程の遅れ気味となっ ていましたのでやっと収穫が可能となった事より 、先週末には相当の方々が入山した事でしょう。

今日の夕方のニュースの中で、黒石暑が平川市の入山地域に竹の子取り シーズンの遭難防止のために、臨時交番が開設されます。と流されてい ました。この地域からの、十和田湖方面への「根曲がり竹の子」取りは 、残念ながら非常に遭難者が多く、毎シーズン「死亡、行方不明者」の 発生件数が多い地域となっています。

「根曲がり竹の子」取りに入山する際の天候には充分気を付けて、無理 な入山は止めましょう。皆さんの安全を願っています。

当店の春編の最大の目玉商品である『天然根曲がり竹の子』も採取・発 送が可能となっています。

奥津軽産の『安心・安全』な生の「根曲がり 竹の子」は、如何がでしょうか? 先行予約は随時受付ています。

当店の山菜販売の詳細については、『旬』・奥津軽山菜屋のホームペー ジを参照して下さい。
皆様の沢山の御来店をお待ちしています。

「旬」ー奥津軽屋 野呂謹司


2011年05月26日(Thu)▲ページの先頭へ
店主日記(5月25日)奥津軽は、最高の五月晴れ
店主日記(5月25日)
 
今日の奥津軽は、最高の五月晴れでした。二日前よりようやく根曲がり竹の子がs単位で採取可能となりました。

田植え作業も、ここ奥津軽地区は8割り程度が終了を迎え、田植え作業の終了した方が山へと根曲がり竹の子採取に朝早くから出掛けています。


本当に、二、三日前から山道に車(特に軽トラ)が駐車している代数が増えています。
 

奥津軽の山にも天然の恵みの山菜の中でも最高のイベントである『根曲がり竹の子』採取の開幕です。


根曲がり竹の子の採取も、例年に比べ一週間程の遅れ気味となっていました。やっと収穫が可能となった事より、今週末には相当の方々が入山予定をしている事でしょう。


残念ながら今週土曜、日曜日は雨予報です。それでも行く方は多いと思いますが、遭難には充分注意して下さい。私の場合は、雨の日には山行き中止です。 


当店の春編の最大の目玉商品である『天然根曲がり竹の子』

も採取・発送が可能となりました。奥津軽産の『安心・安全』な山菜は、如何がでしょうか?


各山菜の先行予約は随時受付ています。当店の山菜販売の詳細については、『旬』・奥津軽山菜屋のホームページを参照して下さい。
:ご注文は「『旬』・奥津軽屋ホームページ」のこちらからお願いいたします。 



皆様の沢山の御来店をお待ちしています。


「旬」-奥津軽屋 野呂謹司


2011年05月20日(Fri)▲ページの先頭へ
店主日記(5月19日)奥津軽は今年初めての夏日
今日の奥津軽は、気温が高く天気予報の五所川原市で25.1度の今年初めての夏日を記録したと流されていました。

米農家の方が最も忙しい春の田植え作業に精を出しています。 

奥津軽の山の天然の恵みの各山菜の採取は、全体的に遅れ気味となっていましたが私が採取している地域・場所の天然山菜については、少しずつながら採取開始となって来ました。

当店の春編の最大の目玉商品である『天然根曲がり竹の子』

も私の判断としては、来週後半からは採取・発送が可能と考えています。

奥津軽産の『安心・安全』な山菜は、如何がでしょうか?各山菜の先行予約は随時受付ています。

当店の山菜販売の詳細については、
『旬』・奥津軽山菜屋のホームページhttp://okutugaru.ocnk.net/
を参照して下さい。
皆様の沢山の御来店をお待ちしています。

以上    
店主 野呂謹司


2011年05月05日(Thu)▲ページの先頭へ
店主日記(5月4日)奥津軽『芦野公園』のソメイヨシノが満開
今日、奥津軽『芦野公園』のソメイヨシノがギリギリ祭り開催期間(5月5日迄)に間に合い満開となりました。
今日の祭りのメイン行事は、『全国津軽三味線・金木大会』でした。津軽三味線発祥の地(金木町)で桜満開の中、津軽三味線の叩く音が全国から参加された皆さんにより力強く叩かれていました。

今年は東日本大震災の中、全国的な自粛ムードから、津軽三味線金木大会中止の声もありましたが、青森県知事の『ケッパレ東日本・ケッパレ東北・ケッパレ青森』を合言葉にして、盛り上げて行きましょうの掛け声から、ようやく開催される事になり、津軽三味線会場は、最高の笑顔・合いの手・大きな拍手で活気に満ち溢れていました。

奥津軽の山の天然の恵みの各山菜の採取は、全体的に遅れ気味となっています。私が採取している地域・場所の天然山菜については、もう一雨と気温がもう少し高くなってほしい所です。 私の判断としては、来週からは少しずつながら採取・発送が可能と考えています。奥津軽産の『安心・安全』な山菜は、もう少しお待ち下さい。

 但し、先行予約は受付ています。当店の山菜販売の詳細については、『旬』・奥津軽山菜屋のホームページhttp://okutugaru.ocnk.net/を参照して下さい。皆様の沢山の御来店をお待ちしています。

以上

  、『旬』・奥津軽山菜屋 店主 野呂謹司


   


奥津軽の旬の食材、天然山菜の風味市場 『旬』・奥津軽屋
旬の食材、天然山菜、キノコの販売

『旬』・奥津軽屋の秋編
 

  • 最新情報

  • リンク1 「ニュー信州」

  • リンク2「旬-奥津軽屋ホームページ」

  • リンク3「やまびこ」

  • リンク4「旬」-奥津軽屋Jimdoページ


  • 新着トラックバック/コメント

    山菜編 天然山菜・きのこの販売
    1.ふきのとう:早春の山菜。雪の下のものがとても美味しく風味があります。
    2.たらのめ:天然物のその美味しさは格別です。
    3.しどけ:この風味の好きな方は「山菜の王様」と云うほどです。
    4.うど:天然山うどの風味は最高。
    5.葉わさび:ワサビ風味が堪能できます。自家製ワサビ漬け新発売!
    6.ねまがり竹:別名ササダケ。ミネラル、食物繊維が豊富です。
    7.赤みず:別名ウワバミソウ、茎は多肉質で粘りもあり、トロロにもなります。様々な味付けが可能です。

    カレンダ
    2011年5月
           

    アーカイブ
    2007年 (56)
    5月 (14)
    6月 (14)
    7月 (3)
    8月 (7)
    9月 (5)
    10月 (9)
    11月 (3)
    12月 (1)
    2008年 (23)
    1月 (3)
    2月 (1)
    3月 (1)
    4月 (2)
    5月 (3)
    6月 (3)
    9月 (2)
    10月 (5)
    11月 (2)
    12月 (1)
    2009年 (12)
    1月 (1)
    5月 (2)
    6月 (2)
    9月 (2)
    10月 (4)
    11月 (1)
    2010年 (32)
    1月 (1)
    4月 (3)
    5月 (4)
    6月 (2)
    7月 (3)
    9月 (1)
    10月 (7)
    11月 (1)
    12月 (10)
    2011年 (20)
    1月 (4)
    2月 (4)
    3月 (1)
    4月 (4)
    5月 (4)
    6月 (1)
    8月 (2)
    2012年 (6)
    4月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    10月 (1)
    12月 (1)
    2013年 (21)
    1月 (3)
    2月 (1)
    3月 (2)
    4月 (3)
    5月 (5)
    7月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    10月 (1)
    11月 (2)
    2014年 (10)
    2月 (2)
    3月 (2)
    4月 (2)
    5月 (1)
    8月 (1)
    9月 (2)
    2015年 (5)
    4月 (3)
    9月 (1)
    10月 (1)
    2016年 (4)
    4月 (3)
    6月 (1)
    2017年 (4)
    1月 (1)
    4月 (1)
    9月 (2)

    アクセスカウンタ
    今日:5
    昨日:45
    累計:349,105